COVID-19の予防法

新型コロナウイルスの感染から身体を守るためには日ごろから感染経路を止める消毒を心掛けることが大切です。
その中でも手洗いがとても重要です。
コロナウイルスは油を主成分としているエンベロープという膜に包まれている為、手洗いの際に使用する石鹸の界面活性剤の成分が油の膜を取り除きウイルスを99%死滅させてくれます。
また水うがいは、口の中の衛生を保ち、潤すことでウイルスの侵入を防ぐ効果が期待できます。
マスクは、人との距離が保てない場合に飛沫感染を防ぐ役割がありますが、マスクをつけているから大丈夫だと過信せずに何より手洗いをこまめに行うことが感染を予防する上で大切です。

 

ウイルスを死滅させる手洗いの方法

必ず流水を使ってよく手を濡らす

濡らした後、石鹸をしっかり泡立ててから30秒以上もみ洗いをする(指先、爪の間、指の間、手首を念入りに洗う)

洗い流しがないようにする

タオルを使いまわしはしないようにする

 

手洗いで気をつけること
ウイルスが付着している可能性のある場所で机やドアノブなどに触り、その手で口や目を触ることで接触感染の恐れがあります。
手洗いをする前には手で口や目を触らないことが大切です。
また、手洗い後でも家庭内や職場でのスマホやパソコンの共有により再度手にウイルスが付着する可能性があり、髪の毛などには浮遊しているウイルスが付着している場合があるので手洗い後に髪の毛を触ると手にウイルスが付着すして感染する可能性があります。
外出先でのハンドドライヤーは手を触れずに乾燥させることができる為、一見衛生的のように見えますがハンドドライヤー内はウイルスの温厚になっている可能性がある為、ウイルスが手に付着してしまう可能性があります。
ペーパータオルに比べて空気中に飛散させるウイルスの量が多いというデータが報告されています。

 

手洗いがすぐにできない場合
アルコール消毒液を使用することでウイルスを死滅させることができます。
アルコール消毒液は机やドアノブなどの物や人の手指にも使用出来ますが、手指に使用する場合はアルコール濃度が70%~95%以下のエタノールを含むものを使用してください。
たとえば、アルコール濃度が100%など高すぎるものの場合は手指に有害な場合があるためです。
またアルコール濃度60%程度のものであれば基本的にウイルスへの除菌効果が期待できるといえます。


コロナの手洗いには石鹸が効果的な理由

コロナに石鹸が効果的な理由とは
新型コロナウイルスに限らず様々なウイルスの予防に有効なのが手洗いですが、
手洗いの時に特に効果的なのが石鹸です。
コロナウイルスは油を主成分としており、エンベロープという膜に覆われています。
エンベロープウイルスである新型コロナウイルスやインフルエンザウイルス、風疹ウイルスなどはそのエンベロープの膜を破壊することで死滅させることができます。
エンベロープは油を主成分としている為、アルコール消毒液に含まれるアルコールや石鹸の主成分である界面活性剤によりエンベロープの膜を破壊することができます。

 

コロナにおすすめな石鹸の選び方
手洗いに使用できる界面活性剤を含む製品で石鹸とハンドソープがあります。
しかし、ハンドソープの主成分である合成界面活性剤と比べて、自然素材の無添加石鹸の主成分の界面活性剤の方がより、インフルエンザに対しての消毒効果が期待できるという実験結果も報告されており、同じエンベロープウイルスである新型コロナウイルスに対しても有効である可能性があります。

 

↓↓例えばこちらの石鹸がおすすめです。


容量:105g 販売価格3,500円(内税)
送料:全国一律 660円※北海道・沖縄・離島は1,100円。1,000円以上お買上げで送料無料
【返品・交換の条件】商品到着後、7日以内にご連絡ください。未開封・未使用に限ります。

 

のんのか まるごと椿石鹸は、天然の洗浄効果がある椿油をたっぷり使い、本物の天然成分だけを厳選し生産地のわかる素材のみ使用したこだわりの椿の名産地長崎の椿農園が作った自家製の椿石けんです。
のんのか まるごと椿石鹸に含まれる椿油の主成分はオレイン酸という人の肌に近い油が豊富に含まれた脂肪酸でこのオレイン酸が椿油には85%~93%も含まれています。
肌への浸透力も高く、エンベロープに効果的な自然素材無添加石けんの界面活性剤の主成分としてオレイン酸カリウムがあります。
のんのか まるごと石鹸は、天然主成分であるため肌への負担はほとんどなく洗浄効果に加え除菌効果をより高めています。